ハイパー塗料「SPECTRON」

ハイパー塗料「SPECTRON」
 
ハイパー塗料「SPECTRON」

高輝度メタリック塗料『スペクトロン』とは

スペクトロンは、自動車のアルミホイール塗装に用いられる超高輝度メタリック塗料です。
一般的にハイパー塗料とも言われており自動車部品、家庭製品など数多くの分野で使用されております。
 
スペクトロンは数あるハイパー塗料の中でも群を抜く最高級のランクに位置しています。
 
ベースコート(パウダーやウレタン塗料など)との相性も良く、トップクリアーコートを塗布したあともアルミ粒子の動きが少なく大変綺麗な仕上がりです。是非一度お試し下さい。

施工の流れ

※【アルミホイールへ施工する場合】
下処理
旧塗膜を剥離してサンドブラスト(アルミナ60-100番)にてアルミ地表面を整えます。
下塗り&乾燥
ブラスト後に脱脂をしてから隠ぺい性、耐衝撃性、金属密着性に優れた粉体塗装にて第一下地を作ります。これにより飛び石やタイヤ交換時のストレスに強い下地が出来上がります。
その後、平滑性向上のため2液性ウレタン塗装を行い第二下地が完成となります。2液性のウレタン塗料をチョイスするのは塗装面が大変レベリングし易く仕上りの風合いが向上するためです。
第一、第二ともに更なる平滑性を求める場合はコンパウンドなどで研磨作業を行って下さい。ウレタン塗装の色は最終的な仕上がりを考えて黒やグレーなどお好みで調整してください。
スペクトロン塗装は下色をある程度透過するため、下地が暗いと暗く、明るいと明るく仕上がります。
スペクトロン塗装&乾燥
原液を希釈せずそのまま塗装します。口径が0.6~1.0mm程度のスプレーガン(推奨:ANESTO IWATA社製 LHP-50)にて適量を塗布します。
塗布後すぐにエアブローなどを行うとメタリック目が動いてしまいムラが出ますのでご注意下さい。
『パターン:全開、吐出量:40-60%、ガン距離:15cm以下』
塗装後、そのまましばらく放置すると次第に輝度が増してきます。セッティング時間を10分程度置いてから80℃で30分の乾燥をおこなって下さい。
上塗り&乾燥
トップコート(上塗り)をすることによってある程度輝度は落ちますが、必ず2液性ウレタン塗料によるトップコートが必要です。
塗布は一気にウェットで吹かず、バラ吹きを数回繰り返しながら徐々に塗り込んで行って下さい。初めからウェットで吹いてしまうとメタリック目が動いてしまいムラになります。

施工例

スペクトロン使用上の注意

  • スペクトロンはナノレベルまで粉砕された超微粒子メタリックです。
       ご使用前に十分な撹拌が必要です。しばらくご使用にならない場合でも数日に一度は必ず撹拌作業をおこなって下さい。
  • 高温多湿を避け、年間を通して安定した環境で保管してください。
  • 基本的に希釈を行いませんので開封後は出来るだけ早い内に使い切って頂く事をお勧めいたします。
  • スペクトロンはベースコート1&2の上に塗装しトップコートを行う3~4コートの塗装です。すべての段階でゴミ乗りや塗装ムラを作ってしまうと再塗装が困難になります。埃のない、風の起きない、温度変化の少ない、常に安定した環境での作業が必須となりますのでこの点は必ずご注意下さい。
  • 有機溶剤ですので防溶剤マスク、防護メガネ、手袋など適正な装備・服装での作業を心掛けて下さい。

ご購入

PAGETOP
Copyright © CARVEK All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.