GUN-KOTE [ガンコート]

GUN-KOTE(ガンコート)  
GUN-KOTE(ガンコート)
アメリカ軍の指定塗料でもあるKG GUN-KOTE は、9Hという圧倒的な表面硬度を誇り、驚異の耐薬品性と高放熱効果を兼ね備えた次世代のコーティングです。 その抜群の性能は2輪4輪を問わず多くのモータースポーツ界から支持を受けております。

ガンコートの3大特徴

① 表面硬度
鉛筆硬度試験で9Hの硬度を誇ります。
インタークーラーやラジエーターに施工することで、フィン自体を曲がりにくくさせる効果が得られます。
② 耐薬品性
ガソリンやシンナー、ブレーキフルードなどの薬品に強いという特長からエンジンやキャリパーに安心して施工できます。
③ 高放熱性
熱を持つパーツに塗装することで、そのパーツのポテンシャルを最大限に発揮できます。
※ガンコートは170℃で1時間以上の焼付乾燥が必要です。

施工例

施工の流れ

下準備
塗装対象物の旧塗膜を剥離し、足付け作業をおこないます。
塗装準備
塗希釈用のシンナーはありません。原液をそのままスプレーガンに注ぎます。
塗 装
薄く何度も繰り返し塗り重ねていく方法で施工します。
焼付乾燥
80~100℃でプレベイクを30~40分おこなってから、170℃で1時間以上の焼付乾燥に入ります。

塗装設備

サンドブラスト
サビ落とし、旧塗膜剥離、塗装前足付けなど、必須アイテムです。
スプレーガン
ウェットに吹かないためにも、0.4~0.6mm口径のガンを推奨します。
専用の焼付乾燥器
170℃に到達してから1時間以上、ムラ無く焼付乾燥を行わないとガンコート本来の性能を発揮できません。
ペイントシェイカー
ガンコートは缶底に成分が沈殿しやすい塗料です。10~15分の攪拌が必要です。

カラーチャート

PAGETOP
Copyright © CARVEK All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.